So-net無料ブログ作成

>>イエウールは家の値段が無料ですぐ分かります<<

家を売る 遺産分割協議書 [家を売る 相続]

家を売る際には遺産分割協議書が必要なケースがあります。

まず、遺産分割協議とは?
故人が遺言書を残していないくて、相続人がどうやって相続をするか話し合うことです。

で、その話し合いの結果を書類にまとめたものが遺産分割協議書になります。

現物分割
代償分割
等価交換
換価分割
の4タイプがあります。


そこにはまとめた内容とともに「全員の署名・捺印」も必要です。

そして全員が1部づつ保管をすることになります。


まとまらない時は家庭裁判所で調停申し立てすることになります。


場合によっては兄弟で仲が悪く、弟には遺産はやらない!という人もいるかもしれませんが、法律では遺産は受け取る権利があります。

遺留分と呼ばれるものです。

よって、あげないと言われた人は自分の遺留分を請求ができます。

これを遺留分減殺請求権と言います。

自分の分はちゃんとくれ!という請求権なんです。


僕の周囲でも、姉弟でもめてる家はわりと多いですよ・・・。


私は介護した!
介護してない人がそんなにもらうのは納得いかない!
なんて・・・パターンが多いですよ。。



共通テーマ:住宅